よくある質問

Q.「北オホーツク100kmマラソン」の
特徴を教えてください。

100km・50kmのコース共、スタート地点・ゴール地点・100kmの中間エイド地点や受付箇所が同一場所(浜頓別町役場前周辺)にあり、移動や荷物の運搬に時間を取られず効率的です。会場周辺では、徒歩圏内にあるクッチャロ湖でカヌー体験やパークゴルフ、温泉入浴(美肌の湯)も可能ですので、応援の方々にも会場周辺でお楽しみ頂けます。

Q.コースの特徴を教えてください。

全般的にフラットですが、100kmのコースでは、スタート後約8Km地点より折返しを含めると約15Kmに渡るエサヌカ直線道路が待ち構えています。ある意味精神力との闘いです。
34km~40㎞地点前後にアップダウンがあります。後半70㎞前後~78㎞にかけてはアップダウンが連続します。(50㎞のコースではスタートしてから20㎞前後~28㎞がこれに該当します) ラスト83㎞付近からと95Km付近は緩やかな上りとなり、晴れていればクッチャロ湖の素晴らしい夕日が皆様を迎えています。完走目指して頑張ってください。また、牧草地が広がるところが多く、遮るものがありませんので風が強い傾向にあり、日影がありませんので、暑さ対策が必要です。エイド・給水設置地点は農地や牧草地の伝染病対策などを配慮した設置になっています。

Q.公認大会ですか?

陸連公認大会ではありません。

Q.ランナーの受付はいつどこで行われますか?

浜頓別町役場向かいのアリーナで行います。100kmランナー・50㎞ランナー共、大会前日の13:00~17:00の間、50kmランナーは大会当日の8:00~9:00にも行えます。

Q.前夜祭・後夜祭はありますか?

前夜祭はアリーナ内で大会前日の17:00から約1時間の予定で行い、軽食とお飲み物をご用意します。サヨナラパーティーはアリーナ内で大会当日19:30から約1時間の予定で行い、軽食とお飲み物を用意します。参加はどちらも無料ですが、前夜祭は選手及び関係者(整理券発行)となり、サヨナラパーティーは参加自由です。

Q.更衣室はありますか?

ほけんセンター内に男女別に設置します。
貴重品は各自で管理することとなります。

Q.荷物のお預かりについて

【100kmの部】
お預かり時間:午前4時から午前5時まで
お預かり場所:浜頓別町多目的アリーナ
 中間用(青い袋)、ゴール用(赤い袋)の2種類とスペシャルドリンクをお預かりいたします。
※中間地点:浜頓別町多目的アリーナ(多目的アリーナ内で着替え、休憩ができます。)

【50kmの部】
お預かり時間:午前8時から午前10時まで
お預かり場所:浜頓別町多目的アリーナ
 ゴール用(赤い袋)とスペシャルドリンクをお預かりいたします。

※スタート地点・中間地点(100kmの部)・ゴール地点は『浜頓別町多目的アリーナ』です。

Q.車で行くのですが、駐車場はありますか?

スタート会場周辺の駐車場(一部規制あり)が利用可能です。 (無料)

Q.7月の現地気温について教えてください。

過去10年間の7月23日の気温をご案内いたします。年により変動がありますが、高緯度のため、空気は本州と違い乾燥していることが多いです。

Q.選手の応援について教えてください。

役場周辺を中心に応援は可能です。また、車や自転車で選手と併走しての応援・飲食類の提供は安全確保上、固くお断りします。また、コース上に車両を止めての応援もできません。農地・牧草地は私有地ですので、口蹄疫・伝染病対策を含めて立ち入ることは固くお断りします。現地の事情をご理解いただき、コース係員の指示に従い、安全な大会運営にご協力お願いします。

Q.アブ対策について。

アブ対策につきまして、今年の大会ではアブ対策用の防虫スプレーを各エイド・給水所に配置いたしますのでご利用ください。
アブは、二酸化炭素や汗、熱、色(黒系)に反応して引き寄せられるようで、効果的な対処方法が確立されておりませんが、防虫スプレーとアロマバンドや携帯用の蚊取り線香などを組み合わせて使うことで、防虫効果が増すようです。皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

Q.公式の応援ポイントはありますか。

 北オホーツク100kmマラソンではランナーの安全確保に万全を期すため、自動車や自転車走行による併走と路上駐車は一切禁止しております。
 現状のコースでは市街地以外で車を駐停車する場所が少なく、コース上の公共施設も限られているため、自由に沿道上で応援することができません。
 大変申し訳ありませんがランナーの安全を第一に考え、交通規制やコースの性質上、市街地以外に公式の応援ポイントを設けることが困難であることをご理解いただきますようお願いいたします。

よくある質問ページのイメージ写真